2021/12 今月のおすすめ→

横浜市開港記念会館【ジャックの塔】

1月31日まで!

今なら飲食店予約サイト「PayPayグルメ」が超お得!最大1,000円分のクーポンも配布中!PayPayボーナスもザクザク貯まって、その他クーポンやキャンペーンも盛りだくさん!
詳細はこちら⇨『PayPayボーナスがもらえる・使えるグルメ予約サイト「PayPayグルメ」

横浜市開港記念会館【ジャックの塔】

「ジャックの塔」の愛称で親しまれる「横浜市開港記念会館」。横浜港の開港50周年を記念事業として1913年(大正2年)計画され、1917年(大正6年)に完成。関東大震災時に全焼し1927年(昭和2年)に初期の建築を復元し再建されました。平成元年には国の重要文化財にも指定されています。

神奈川県庁(キングの塔)横浜税関(クイーンの塔)とともに横浜三塔のひとつに数えられる建造物です。

深い癒しをもらえる落ち着いた雰囲気の館内

現在は中区の公会堂として利用されており、建物内は無料で見学することが可能です。

まず、館内に入ったらこちらの歴史を感じさせる素敵な階段を登り2階へ。

2階広間

建物内の見所は、歴史上、非常に価値が高いとされているステンドグラスです。
中央階段と2階広間の2箇所にあります。開港当時の交通に関する様子を表現しているそうで、左が「呉越同舟」、右が「箱根越え」、中央は「鳳凰」と名付けられています。鳳凰のステンドグラスの中央には、横浜市の市章「ハマ菱」も。

「呉越同舟」
「箱根越え」
「鳳凰」

奥にある丸いデザインの飾り窓も素敵です。

「黒船ポータハン号」

中央階段には、幕末に来航したペリー提督の黒船「黒船ポータハン号」(USS Pawhatan)がデザインされたステンドグラスがあります。

中央階段と「黒船ポータハン号」
貴賓室

また、貴賓室(特別室)も見学可能です。来訪される賓客のために使用されていました。八角形にデザインされた部屋に、八つの窓、そして、八角形のテーブル、当時の面影も感じられる芸術的な一室です。

横浜市開港記念会館【ジャックの塔】概要

所在地神奈川県横浜市中区本町1-6
アクセスみなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩1分
JR京浜東北・根岸線/横浜市営地下鉄ブルーライン「関内駅」より徒歩10分
駐車場なし
公式サイト横浜市開港記念会館【ジャックの塔】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする