横浜三塔物語のビューポイントを巡る旅→

象の鼻パーク

象の鼻パーク

横浜港が一望できる開放的な公園「象の鼻パーク」。横浜赤レンガ倉庫山下公園を結ぶ遊歩道「山下臨港線プロムナード」沿いに広がっています。開港150周年の平成21年6月2日(開港記念日)に象の鼻パークとしてオープンしました。アートスペースを兼ね備えたレストハウス「象の鼻テラス」や、ゆるやかな斜面の草地広場はみなとみらい観光の休憩の場として訪れる人々の憩いの場となっています。草地広場にベンチがわりに並んでいる石は、開港当時に護岸に使われていたものです。

象の鼻パーク

横浜三塔が見えます!

象の鼻パークは、ジャックの塔(横浜開港記念会館)、クイーンの塔(横浜税関)、キングの塔(神奈川県庁舎)の横浜三塔が一望できる貴重なスポットのひとつです。

横浜三塔が一望できる貴重なビュースポット
見えづらいのでジャックを拡大

象の鼻パーク 概要

所在地神奈川県横浜市中区海岸通1丁目
アクセスみなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩約3分
JR京浜東北・根岸線/横浜市営地下鉄ブルーライン「関内駅」より徒歩20分
駐車場周辺の有料駐車場利用
公式サイト象の鼻パーク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする