横浜を舞台に生まれる新たな挑戦→

「ラーメン豚山」ぶたダブルは豚8枚!食べ応え十分の一杯を食べてみた!横浜西口店

新型コロナの影響により、一部施設では営業状況が通常とは異なる場合があります。おでかけの際は公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

横浜西口はラーメン激戦区!横浜発祥の家系ラーメンからあっさり系まで魅力的な店舗が軒を連ねるエリアです。今回、ご紹介する「ラーメン豚山」横浜西口店はその名の通り、存分に“ぶた”を味わえる二郎系。横浜西口エリアでのラーメン屋選びの参考にしていただけたら幸いです。

目次

「ラーメン豚山」横浜西口店

ラーメン豚山 横浜西口店

東京・神奈川を中心に展開している「ラーメン豚山」。横浜には今回訪問した横浜西口の他に鶴見と白楽にも店舗があります。横浜西口店は周辺に有名店がひしめき合う西口エリアにおいて行列のできる人気店。ラーメン豚山は二郎系ラーメン店のひとつで、”わしわし”と食べ応えのある麺と、やわらかくボリューミーな豚肉、たっぷりと盛られた野菜が特長です。

清潔感のある店内

店内はL字型のカウンターのみで席の間にアクリル板が設置されており、出入り口を開けてしっかりと換気もされています。

ミニぶたダブル

ミニぶたダブル

ミニぶたダブル(1,080円・税込)を注文。
125gの麺に豚8枚といったボリューム満点の一杯です。5時間煮込むという豚肉はかなり柔らかい。スープは少し甘い系で、ガッツリと盛られたもやしとキャベツが豚の脂感を中和させてくれます。見た目のインパクトだけではない、計算された味へのこだわりが感じられます。

ほろっと崩れるくらいやわらかい”ぶた”。脂身もぷるぷるで肉好きには堪りません。

麺はやや縮れ気味、もやしやスープがよく絡みます。”わしわし”と食べ応えあり!

メニュー・注文方法

店内券売機

ラーメン豚山のメニューは主に小、ミニ、大の3種類。その中で麺の量や豚の枚数をお好みで選びます。“当店は小ラーメンでも普通のラーメン屋さんの大盛りくらいあります。”とあるように、かなりボリューミーなので初めての方は小ラーメンかミニラーメンがおすすめ。汁なしや、つけ麺に変更も可能です。

麺の量は、ミニ125g・小250g・大375gです。さらに食べたい方に「麺増し・125g(100円)」も用意されています。

ラーメン提供前に「ニンニク入れますか?」と聞かれたらニンニクの有無や量、その他無料トッピングについても伝えることができます。

■無料トッピング
ニンニク・野菜・背脂・味の濃さ


はまっち

まさにクセになる美味しさ!店員さんの接客も丁寧でリピート確定の素敵なお店でした。”ぶた”を思う存分堪能したい方は是非( ^ω^ )

「ラーメン豚山」横浜西口店 概要

所在地神奈川県横浜市西区南幸2-9-1
アクセスJR「横浜駅 」より徒歩6分
相鉄本線「平沼橋駅」より徒歩6分
予約サイト
口コミ
クーポン
食べログ
Retty
公式サイトラーメン豚山
\ ハマのグルメを玄関先に! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次