横浜三塔物語のビューポイントを巡る旅→

港の見える丘公園

港の見える丘公園

横浜屈指の絶景スポットとして知られる「港の見える丘公園」。

この一帯は横浜港開港当時の外国人居留地で、丘の上にイギリス軍、下にフランス軍が駐屯していました。戦後、この場所は米軍に接収されたが、接収解除後は国有地の無償貸付を受けるなど公園用地として取得、1961年(昭和36年)から整備され、1962年(昭和37年)に「港の見える丘公園」として開園しました。現在はフランス領事館の遺構を残す地区をフランス山地区と呼ばれ、イギリス総領事公邸は、横浜市が買収し横浜市イギリス館として市民に利用され、平成2年には横浜市文化財に指定されました。

展望台からは、横浜湾を一望でき、その異国情緒漂う雰囲気から人気のデートスポットでもあります。

公園中央部、展望広場
ベイブリッジが一望できます。

展望台の南側には沈床花壇「香りの庭」や山手111番館などで構成されています。
また、150種1200株のバラを誇る「イングリッシュローズの庭」は県内屈指のバラの名所です。バラの見頃は春と秋の2回だが各シーズンを通して園内の草花を楽しむことができます。

香りの庭
香りの庭の庭を進んだところにある大佛次郎記念館

フランス領事館とその官邸が建設された時、井戸水を汲み上げるために風車が設置されました。現在あるものはそれを復元したものです。

フランス山の風車

昭和52年(1977)年、横浜市緑区に米軍機が墜落し、幼い子供2人とその母親が亡くなりました。生前に海が見たいと願っていたため園内にこちらの「愛の母子像」が設置されました。

愛の母子像

港の見える丘公園 概要

所在地神奈川県横浜市中区山手町114
アクセスJR京浜東北・根岸線「石川町駅」より徒歩20分
みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩5分
駐車場17台収容
公式サイト港の見える丘公園

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする