2022/05 今月のおすすめ→

人と人が繋がる場所へ。関内に誕生した立ち飲みスポット DRUNK BEARS EXPRESS

新型コロナの影響により、一部施設では営業状況が通常とは異なる場合があります。おでかけの際は公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

2022年3月、横浜・関内に海外のPUBLIC HOUSEを彷彿とさせる新たな立ち飲みスポット「DRUNK BEARS EXPRESS(ドランクベアーズエクスプレス)」が誕生しました。こだわりのクラフトビールを中心にその他のドリンクや食事メニューも豊富に用意され大衆酒場の要素も取り入れた“PUB”(ネオパブ)として注目を集めています。今回は、店舗責任者の矢澤裕平さんに関内への出店経緯をはじめ、PUBと街の関係性、そしてDRUNK BEARS EXPRESSが目指すお店づくりについて語っていただきました。

“クラフトビール×大衆居酒屋”「DRUNK BEARS EXPRESS(ドランクベアーズエクスプレス)」

DRUNK BEARS EXPRESS(ドランクベアーズエクスプレス)関内店

−まず店舗開業の経緯を含めお店の紹介をお願いします。

元々、ドランクベアーズという店舗は大阪の茶屋町にもあるのですが、今回はより親しみを持っていただけるように少し規模を抑えています。コンセプトは「“ネオ居酒屋”」。基本的には立ち飲みでクラフトビールをメインで楽しんでいただくお店です。また、大衆居酒屋の要素も取り入れ、料理のジャンルや品数も多く取り揃えています。お値段もリーズナブルに設定しているので、いろんなものを楽しんでいただきたいですね。誰でも気軽に立ち寄れるパブを作る上で、街との相性を考えると関内はうってつけの場所でした。

店内のモニターではベイスターズ戦も放映しています。

−関内にはどのような印象を持たれていますか?

関内はベイスターズと共に動いている街という印象ですね。野球の試合があるときは本当に賑やかになります。また、関内で途中下車されて飲みに来てくださる方も多いですし、オフィス街もあるのでサラリーマンの方も多いです。そんな特徴があるのでリーズナブルで親しみやすいお店が多いと感じます。お客様が気軽に飲みに行ける街、関内はそんな場所だと思います。

−その街の特徴を活かして取り組んでいることなどはありますか?

なんと言ってもベイスターズファンの方と共に盛り上がり、地域に貢献したいという思いがありますので「CLUB BAYSTARS」に登録させてもらっています。当日の観戦チケットを提示していただくとビールを一杯無料で提供させていただきます。試合に勝った時の喜びなど共有できる、そんな場所にしていきたいですね。また、大衆感を出すために店舗の内装は社員総出で作ったんですよ。手作りの安心感や居心地の良さを感じていただけると思います。

DRUNK BEARS EXPRESSは横浜DeNAベイスターズ応援店。当日の観戦チケットを提示するとビールが一杯無料に!(画像提供:DRUNK BEARS EXPRESS)

クラフトビールが気軽に楽しめる。ふらっと立ち寄ってもらいたい♪

クラフトビールがワンコインから楽しめる(画像提供:DRUNK BEARS EXPRESS)

−DRUNK BEARS EXPRESSでは比較的お安くクラフトビールが楽しめると聞きました。

クラフトビールって基本的に高いイメージがあると思いますが、DRUNK BEARS EXPRESSでは“ワンコインからクラフトビールが飲める”というコンセプトもありまして、全部ではないですが500円(税込)〜楽しんでいただけます。私も仕事柄、様々なクラフトビールのお店を見てきましたが仕入れとかも考えると基本的に高くなってしまいますよね。我々は、気軽に立ち寄れる店舗を目指していますのでリーズナブルに提供させていただいております。

−まさに関内の街に寄り添うコンセプトですね。一押しのクラフトビールなどはありますか?

「ブリュードッグ パンクIPA」なんかは人気ですね。ビールは今、10タップ繋げられまして、今後は1タップはテイクアウト用になります。鮮度を保った状態で、ご自宅でもクラフトビールを楽しんでいただけるので是非ご利用いただけたらと思っています。他にもゲストタップで今後いろんなものを入れていこうと思っていますね。

食事を楽しみたい人も大歓迎!ガッツリ系メニューも♪

シカゴピザ(画像提供:DRUNK BEARS EXPRESS)

−フードメニューも本当に種類が豊富ですね。どんなメニューがよく注文されますか。

「ジャークチキン」と「シカゴピザ」のふたつは特に人気ですね。また、おつまみにぴったりな落花生ですが、DRUNK BEARS特有のスタイルとして、食べ終わった殻は全部床にポイッと捨てていただきます。シンガポールのラッフルズホテルでもやっているようなスタイルで、海外のパブで見かける光景ですね。日本では珍しいですが床に撒き散らかすのが流儀です。

ジャークチキン(画像提供:DRUNK BEARS EXPRESS)
落花生の殻は床へポイッ!それがDRUNK BEARS特有のスタイル(画像提供:DRUNK BEARS EXPRESS)

−最後に関内の街にとってどんな存在でありたいか。今後やっていきたいことなどを教えてください。

今後は、スポーツに関連して何かイベントはやっていきたいですね。また、コロナ禍では難しいですが、時にはみんなでワイワイして、お客様同士の交流があり人と人が繋がれる場所。女性1人でも立ち寄れて、安心できる“居場所”のような存在でありたいと考えています。


はまっち

「DRUNK BEARS」は人との関わりや出会いを大切にするお店♪クラフトビール片手に素敵なひと時をお過ごし下さい( ՞ਊ ՞)☝︎

「DRUNK BEARS EXPRESS(ドランクベアーズエクスプレス)」概要

所在地神奈川県横浜市中区真砂町2-12 関内駅前第一ビル 1F
アクセスJR京浜東北線・根岸線「関内駅」より徒歩3分
営業時間17:00~23:00(22:30L.O)
横浜スタジアムの予定により、お昼12時から営業する日もございます。
定休日不定休
予約サイト
口コミ
クーポン
食べログ
公式サイトDRUNK BEARS EXPRESS
公式SNSTwitter
\ ハマのグルメを玄関先に! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • こんにちは。
    ご無沙汰しております。armlockです。

    健康を気にせず、クラフトビールとシカゴピザをがガッツリ食べたら最高でしょうね。

    今回もありがとうございました。

    • armlock様

      ベイスターズ戦の観戦帰りに仲間とピザを片手にクラフトビールで乾杯なんて最高ですね。お料理もリーズナブルなので気軽に立ち寄れるお店でもあります。
      今回もコメントありがとうございます。

コメントする